"共創型"外国籍人材 スカウト・推薦プラットフォーム "Sunrise" が提供する メディアマガジン

ニュース&トピックス 外国籍人材紹介

投稿日:

外国籍人材会社さま向けの情報提供を開始

この記事は外国人採用ノートに掲載されていた内容に加筆修正し公開した記事になります。

 

こんにちは、田上です。

今回より外国籍人材を雇用する会社向けだけではなく、外国籍の人材紹介事業を行う会社向けにも記事を書いていこうと思います。なお弊社は日本語ペラペラのASEAN人材の正社員紹介に特化し、6年目を迎えます。私は創業メンバーでもあり、求人企業・求職者に一貫して向き合ってまいりました。

弊社は、累計約500社の採用支援実績、10,000名を超える外国籍求職者を保有し、年間の決定実績50名がございます。
外国籍人材紹介業を本業とする事業者の中では高い実績であると自負しています。

今後はこのブログを通じて、同業他社に向けノウハウを余すことなく公開し、業界に関わるプレイヤーの皆様のレベルの底上げに尽力したいと考えております。

なぜ、外国籍人材紹介のノウハウを公開?その真意は?

人材紹介各社がレベルを上げ、横の連携を活性化させないと、業界全体が危ないから!

人材紹介業は求人と求職者をマッチングさせて初めて売上が立つビジネスモデルです。そのためには求人と求職者を増やすことから始まります。ゼロから増やすのは大変工数がかかります。

日本人の場合は、すでに人材紹介会社向けに、求職者のポータルサイト (マイナビビズリーチなど)が存在し、また求人のポータルサイト (Crowd Agentagent bankCircusなど)も存在します。最悪、求人・求職者ゼロの状態からスタートしても、リソースは使える環境にあるワケですので、創業当初からマッチングは見込むことはできます。

一方で、外国籍向けの人材紹介の場合は、上記のようなポータルサイトは存在せず、求人・求職者の獲得もゼロからスタートさせていかなくてはいけません。結果的に、A社、B社、C社、それぞれ持っているリソースが違っていて、1社内のリソースでマッチングを進められる案件は限られてきます。他社のリソースを使いたい場合は、業務提携を進める必要がありますが、その業務提携自体が手間がかかる上に、機能しなくなることもしばしば!

 

一方で、外国籍人材の就職・転職支援をする事業者が増え続けている結果、当人である求人企業の採用担当者および外国籍求職者は上記のような状況です。つまり「なんとなく」「付き合いだから」くらいの意思決定がいまなお下される状況なのです。これ、もったいないと思いませんか・・・?

このような背景があって、各事業者にリソースは点在することになり、日本人のようにポータルサイトが無い現在においては、求人企業と求職者の期待に応えられる可能性はとても低くなり、その結果が外国籍求職者のミスマッチや外国籍全体への評判の悪化にも繋がっているとも言えます。

でも、口コミによる意思決定は業界の構造上変えられないと思ってます。ですので、我々が出来ることは、下記の2点であるという結論になりました。

①各外国籍エージェントのレベル向上を意図したノウハウ提供

②各外国籍エージェントのリソースを集結し、マネタイズを支援する環境の整備 

①外国籍エージェントのレベル向上を意図したノウハウ提供(アドバイス)は、このブログを通じての記事配信や、定期的にオンラインセミナーなどを実施していく予定です。また、②に出てくるサービスに参加いただいたエージェント様には、カスタマーサポートの形でより具体的に案件ごとにアドバイス等をさせていただきます。

②各外国籍エージェントのリソースを集結し、マネタイズを支援する環境の整備については、業務提携の「面倒な部分」を取り除き、「良い部分」のみを凝縮させた、「Sunrise」(サンライズ)https://www.sunrisehr.biz/ にて実現します。

Sunriseは2020年6月中旬にリリースをしました。12月の現時点では65社を超える人材紹介会社が利用しており、参画することで、現時点では65社分の外国籍対象求人・外国籍人材リソースの活用が可能になります。これから機能もどんどん改善し、さらに参画企業数を増やし、多くの外国籍エージェント、外国籍求人企業、求職者の笑顔を増やして参りたいと考えております。

今後もよろしくお願いいたします!

-ニュース&トピックス, 外国籍人材紹介
-

Copyright© Sunrise Magazine , 2021 All Rights Reserved.